資産運用の成功とは多くの資産を残すこと

資産運用の成功者は、世の中にたくさんいます。しかし、それ以上に多いのが資産運用の失敗者。

資産運用で成功したければ、成功者よりも失敗者から学ぶことが大切だと言われています。だから、資産運用で成功するためには、失敗例をより多く知る必要があるのですが、それ以前に資産運用の成功とはどういうことか、失敗とはどういうことかを抑えておかなければなりません。

資産が減れば失敗

資産運用の失敗例はいくつもありますが、まず失敗例に共通して言えることは、資産運用のために用意した資金よりも、現在の資産価値が目減りしていることです。

つまり、投資額よりも回収額の方が少なくなれば失敗ということです。

これを知っていれば、資産運用で失敗するのを防止できます。要は、資産が目減りする可能性が高い投資対象に投資しなければ良いのです。資産運用は増やすことばかり意識しますが、成功者は資産を減らさなかったから成功したのです。

投資前より多くの資産を残せば成功者

資産を減らさなければ資産運用の成功者になれるのですから、こんなに簡単なことはありません。成功者になりたければ、価値が目減りする投資対象で資産運用をしなければ良いのです。

株式は株価が変動しますから価値が目減りする可能性があります。外貨預金も同様です。FXにいたっては論外と言えるでしょう。

持てる資金を預貯金に預けておけば、微々たるものですが利息が付いて増加します。したがって、誰でも、預貯金を中心に資産運用をすればほぼ確実に成功者になれるのです。しかし、資産運用をこれから始めようとする人も、既に資産運用をしている人も、預貯金での資産運用には否定的です。そういう人たちは、数多くあるハズレくじの中から当たりを引くことに価値があると考えているのでしょう。

でも、当たりを引く前に資金がなくなってはどうしようもありません。

結局、資産運用の失敗者とは、当たりを引くまで投資し続ける資金を持っていなかった人なのです。リターンは少なくとも確実に当たりを引ける投資対象で資産運用をするのが、成功者になるコツです。

小さな成功体験の積み重ねこそが、資産運用では大切なことであり、資産を増やすことよりも減らさないことを意識できている人が資産運用の成功者になれるのです。