一時的な株価の変動と企業の収益力は連動しない

株価は、企業の財政状態や収益力を反映するはずです。100円の価値しかないものを1,000円で買う人はいないのと同じように、企業の純資産に将来獲得するであろう利益を加えた価額よりも高い金額を提示して当該企業の株式を取得しようとする人はいません。 株式を取得しようとするのは、投資家が支払う対価以上の見返りを将来受けれると考えるからです。では、その将来はいつ訪れるのでしょうか?

株式の長期投資では今後も残る業種から銘柄を選ぶ

安全な株式投資の基本は、長期保有と分散投資です。短期売買を繰り返していると、一時的な株価の変動に損益が左右されやすくなりますし、一銘柄にだけ大きく投資する場合もその銘柄が大きく値を下げた時に取り返しのつかない損失が発生する危険があります。 株式を長期保有するためには、そうそう倒産しない企業を選ばなければなりません。そして、そうそう倒産しない企業を選ぶには、今後も長期的に存続するであろう業種を知る必要があります。

株価の将来予測は困難だから分散投資する

株式投資で最も多くの収益を上げる方法は、1銘柄に全財産を集中的に投資することです。 ある銘柄の株価が現在10万円だとしましょう。そして、1年後に株価が30万円に上がると予測し、その他の銘柄で株価が1年後に3倍に上がるものはないと判断したとします。この場合、現在10万円の銘柄が最も収益性が高いと予測しているのですから、この銘柄に持てる資金の全てを投資すべきです。

預金するように株式に投資する

株式投資の成功者の体験談を読んだことがある方は多いと思います。インターネット上のブログやウェブサイト、雑誌の特集記事など、株式投資の成功体験はいろんなところで読むことができますね。 多くの場合、株式投資での成功体験は、いくらで買っていくらで売り、差額でどれだけ利益が出たかが述べられています。当たり前のことだと思うでしょうが、このような体験談には違和感を感じなければなりません。

自分の分析に自信がないからデイトレードをする

インターネットを見ていると、これからの相場はこうなると述べているウェブサイトやブログがあります。何らかの分析をして結論を出したのだと思いますが、投資行動を見ていると、その分析に自信がないのではないかと疑いたくなることが多いです。 特に株式の短期売買を繰り返している個人投資家やデイトレーダーの発言だと、全く信用できませんね。

ソーシャルレンディングこそ借り手の財務内容を分析する必要がある

近年、ソーシャルレンディングが注目されています。 ソーシャルレンディングとは、資金を借りたい人と資金を投資したい人をインターネットを使って結びつけるサービスです。これから事業を始めようとする個人、新規事業を行おうとする中小企業などが、必要な資金をインターネット上で集める手段として期待されています。 一方の資金を投資する側も、少額から個人や企業にお金を投資でき、預貯金よりも多くの利息を受け取れるメリットがあります。

株で簡単に儲かるなら商売すればもっと儲かる

インターネットで株式投資について検索していると、簡単に株で儲かる方法を目にすることがあります。「株 儲かる」といったキーワードで検索すれば、そんな情報ばかりですね。 しかし、株式投資で損する人がいる以上、誰もが儲かるわけではありません。また、誰もが株式投資で簡単に儲かるのであれば、赤字を出す企業は少ないはずです。

投資信託でも実際に企業を視察して投資している資産運用会社なら信用できる

資産運用会社が株式や債券などに投資し、100口や200口など複数に分割して販売している金融商品を投資信託といいます。投資信託は、資産運用会社がどこの株式や債券に投資しているのか、顧客である個人投資家にはよくわかりません。だから、投資信託を買う場合、投資家は資産運用会社を信用するしかありません。 しかし、パンフレットを見ただけで、その資産運用会社が信用できるかどうか判断できないので、少額から投資できるのが魅力だと言っても、投資信託を買うのはあまりおすすめできません。

資産運用は当初の予測通りにいかないから分散投資する

株式でも為替でも、将来の値動きを確実に予測できれば資産運用は簡単です。1年後に自動車メーカーの株価が1.5倍になるとわかっていれば、誰だって自動車メーカーの株式を買います。3ヶ月後に米ドルに対して円が10円安くなるとわかっていれば、今のうちにドル預金をします。 確実に得するとわかっている投資ですから、当然、誰もが持てる財産の大部分を自動車メーカーの株式に投資するでしょうし、銀行預金の大半をドル預金にするはずです。

デイトレードでの成功は多数決で多数派になっただけ

初心者でもデイトレードで勝てる方法を追い求めている個人投資家が少なくありません。デイトレードで成功している個人投資家がいる以上、必勝法なるものが存在していると思っているのだと思います。 デイトレードで成功するコツは、自分が多数決で常に多数派になることです。