時間の経過とともに利息が発生するのは当たり前だと認識する

銀行などの金融機関から借金をすると、借金をしている期間は利息が発生します。したがって、借金を返済するときは元本に利息を上乗せしてお金を支払わなければなりません。

当たり前のことなのですが、日常生活の中では、忘れてしまっていることが多いです。これは、借金をしないから関係ないと思っている人に特に目立つ傾向です。

支払いを遅らせても利息が付かないことがある

借金は1日でも返済が遅れると、その分利息が発生するのが原則です。しかし、本来、支払わなければならない時にお金を支払わなかった場合でも利息が付かないことがあります。

身近な例では、クレジットカードで買い物をした場合です。

クレジットカードの1回払いで買い物をした場合、翌月にカード会社から買い物代金の請求が来ます。これは、銀行からいったん借金をして買い物をし、翌月に借金を返済する場合と仕組みは同じです。しかし、銀行から借金して買い物をすれば利息を払わなければなりませんが、クレジットカード払いの時は1回払いなら利息を払う必要はありません。

利息が付かない借金は資金を運用しているのと同じ状態

クレジットカードの利用額の支払いを1ヶ月後に一括で支払うことは、1ヶ月間、資金を運用できるのと同じ状態です。

1ヶ月間のクレジットカードの利用額が3万円だった場合、現金払いと比較して銀行口座に1ヶ月間長く3万円を預けていられるので、その期間分の預金利息を受け取れます。現金払いであれば、利息を受け取れません。

ボーナス一括払いでも利息は発生しませんから、クレジットカード利用のたびにボーナス一括払いを選択できれば、さらに資金の運用期間を長くできるので、より多くの利息を受け取れます。

銀行にお金を預けても受け取れる利息は微々たるものです。しかし、大事なことは受け取れる利息の多少ではありません。

  • 返済を遅らせれば、それだけ多くの利息を支払わなければならない
  • 長く資金を貸し付けたり預けたりすれば、それだけ多くの利息を受け取れる

知っておくべきことは、こういうことです。そして、現代ではこれが当たり前となっています。

だから、支払いを遅らせても利息が付かない場合は、遅らせた期間、資金運用できるので得です。逆に回数券などの購入で、お金を先払いしたのにおまけが全くない場合は、運用できたであろう期間に対応する利息を放棄したことになります。

お金の支払いと商品の受取やサービスの提供との間に時間的な差がある場合、そこには必ず利息が発生していることを認識しておきましょう。