FXの成功は運。どんなに緻密に分析しても運の要素が大きい。

FX(外国為替証拠金取引)は、将来の為替相場が上がるか下がるかを予測し、その予測が的中すると利益が得られる取引です。これは、競馬や競輪などの公営ギャンブルと儲けの構造が同じです。

しかし、公営ギャンブルが過去の成績などの情報から1着になる馬や選手を予想できるのに対して、為替相場は将来どのように動くのか予想するのは非常に難しいです。

投資家心理を言い当てれるか

為替相場の予想が難しいのは、ある通貨を売る人がどれくらいいて買う人がどれくらいいるのかが事前にわからないからです。もしも、あなたが1ヶ月前に100ドル買うと公表していれば、他の投資家はドルの価値が上がると予想できるでしょう。しかし、事前に誰がどれだけドルを買うかを公表することはありませんし、公表したからと言っても、全ての投資家の投資行動を把握できるわけではありません。

だから、為替相場がいつどれくらい動くかを言い当てることは極めて難しいのです。

ところが、インターネットの情報を見ていると、将来の為替相場を予測できると述べているウェブサイトを見かけることがあります。しっかりと分析すれば、どのように為替相場が動くのかを事前に予測できると書いてますが、先ほども述べたように誰がどれだけドルを買ったり円を売ったりするのかがわからない限り、将来の為替相場の変動を予測することはできません。

幸運な投資家は必ずいる

FXで利益を上げている人は、しっかりと為替相場を分析して将来の変動を言い当てています。しかし、どんなにしっかりと為替相場を分析し、予想通りに将来の為替相場が動いたとしても、運であることは変わりません。

FXで利益を上げている人は、実力だと思っているでしょうが、その分析も、偶然自分が予想したのと同じ方向に為替相場が動いただけです。FXでは、9割以上の投資家が損をしていると言われています。残りの1割未満の人は、しっかりと為替相場を分析して利益を上げていると思っている人が多いですが、1割くらいであれば運よく利益を上げれる人は出てくるものです。

事前の予想通りに為替相場が動いた。しかも、それが何度も起こると、人は実力で為替相場の変動を言い当てたと錯覚します。しかし、どんなに分析して予想通りに為替相場が動いても、たまたまでしかありません。

FXのようなデリバティブは、ヘッジ目的で利用するものです。ヘッジ以外のFXはただのギャンブルです。