資産形成の心構え一覧

分散投資を目的に理解できない投資対象に手を出さない

資産運用の際には、リスクを減らすことが大切です。リスクとは、将来の不確実性のことで、投資対象の価値が上がるのか下がるのか予測するのが難しいことを意味します。 リスクの高い投資対象は、価値が大きく目減りする可能性があるので、投資する際には慎重さが要求されます。また、複数の投資対象に分散投資すればリスクを減らせますから、ハイリスクの銘柄に一極集中投資をせず複数銘柄に投資することも大切です。

知識なく株式投資をするくらいなら銀行預金で資産形成するのが賢い

日本人は、海外の先進国の人々よりも資産を預貯金で持ちたがる傾向があると言われています。様々な統計データを見ると確かにその通りになっています。 先進国では株式投資をする人が多いのだから、日本でも、もっと株式投資をする人が増えるべきだと主張する人がいます。しかし、彼らは株式投資をすべきだと主張する割には、株式投資に必要な知識を身につけるようには言いません。

インフレになれば企業環境が不安定になって株価に悪影響を与える危険がある

インフレになれば預貯金の価値が目減りしてしまうから、株式や投資信託に投資しておかないと危険だと言われています。しかし、普通預金の利率にはインフレ率も加味されるので、物価が上昇しても価値が目減りすることは基本的にありません。 ハイパーインフレになれば、銀行が利率を引き上げても、後手後手に回るので物価上昇による資産の目減りを防げない可能性はあります。しかし、その場合でも、株式や投資信託が安全だとは限りません。

20代は資産運用でリスクを取らず仕事や勉強のために時間を使う

若い世代は、残りの人生が長いので資産運用でリスクを取れる。 この言葉を信用して、20代からリスクのある信用取引やFXに手を出すべきではありません。株式や投資信託もFXほどではないもののリスクがありますから、若者がのめり込んで失敗すると大きな痛手を被ります。

少ない資金では一発勝負の投資になりやすい

安全に資産形成するためには、複数の投資対象に分散投資するのが基本です。しかし、それがわかっていても、分散投資をしない個人投資家はたくさんいます。彼らも分散投資の大切さを知っているはずです。 それなのに分散投資をしないのは、投資に回せる資金が少ないからです。つまり、分散投資をしないのではなく、できないのです。

資産運用のための投資資金をどうやって捻出するか?

預貯金以外の資産運用を考える場合、投資資金をどうやって捻出するかが問題となります。 すでに潤沢な預貯金があるのなら、その中から余裕資金を株式や債券などの投資に回せば良いでしょう。しかし、資産運用を思い立った時に必要な資金がない場合には、投資資金ができるまで待たなくてはなりません。

毎月少しでも資産を増やすことを心がける

安全に資産形成するためには、少なくてもいいので、毎月資産を増やすことを心がけるべきです。 最も簡単に資産を増やす方法は、毎月の給料の一部を貯金することです。預貯金は利率が低いのでメリットがないと言われます。しかし、自分が働いて稼いだお金の一部を減らさずに蓄えられるのですから、それだけでも預貯金に預ける価値はあります。

低金利時代だから株式投資が有利?

低金利時代では、お金を銀行に預けていても金利が低いので株式投資をした方が良いとすすめる人がいます。 確かに低金利なのに銀行にお金を預けていても、微々たる利息しか受け取れませんから、資産が増えていく期待は持てません。だから、利回りが預貯金よりも有利な投資対象を見つけて、それに投資すべきだという考え方は理解できます。 しかし、低金利時代だから株式投資が有利と言えるのでしょうか?