株式投資一覧

株式投資の期間が短期になるほどギャンブル性が強くなる

どんなことでも言えることですが、短期間に大きく稼ごうとするほど不確実な要素によって損するリスクが高まります。 デイトレードのようにその日に買ってその日に売るような超短期投資の場合は、不確実な要素に損益が影響を受けやすく、株価が上がるのか下がるのかを予測するのが極めて困難です。

株式投資は買った時に損益が決まっていると思え

株式投資は、配当金や株主優待がなければ、株式を売却した時に損益が確定します。そして、最も株価が高い時に売ると最も多くの利益を得られます。だから、株式投資をしている多くの個人投資家が、株価チャートを見ながら株を売るタイミングを見計らっています。 しかし、株価チャートをどんなに見ても、株式を取得した時に支払った金額が変わることはありません。

株式投資で儲けるためには売買手数料を減らすことが重要

株式投資で利益を出すためには、必ず取得した時の株価よりも売却した時の株価の方が高くなければなりません。10万円で買った株式を11万円で売るといった具合に。反対に10万円で買った株式を9万円で売れば損します。 こんなことは誰だってわかっていることなので、しつこく言う必要はないでしょう。 株価以外にも税金の納付も、株式投資では考慮しなければなりませんが、他にも重要なことがあります。それは、売買手数料をできるだけ少なくすることです。

デイトレーダーばかりだと午前中に株価が上がって午後に株価が下がる?

インターネットの普及から、1日に何度も株式取引を繰り返すデイトレードをする個人投資家が増えています。デイトレードは、厳密には、その日に買った株式をその日に売却して、取引終了時点ではポジションを持たない取引手法です。 では、このようなデイトレーダーばかりが売買を繰り返している銘柄は、どのような値動きをするでしょうか?

株価チャートを分析するだけの投資家の言うことは信用できない

投資の専門家と呼ばれている人たちが開催する株式投資セミナーは、いくつもあります。 このような株式投資セミナーで本当に信用できるのは、財務諸表分析の仕方を語れる講師が講義をする場合だけと言っても過言ではありません。ただ株価チャートを見て買い時や売り時を解説している講師の話は、大した役に立ちません。

10人に1人は運が強くデイトレードで儲かることがある

デイトレードで成功する確率は10%もないと言われています。したがって、100人がデイトレードをした場合、90人以上が損をし、多くても10人しか成功者が出ません。 これからデイトレードを始めようか検討している人、すでにデイトレードを始めてうまくいっていない人は、きっと成功者になるためにはデイトレードの勉強をしなければならないと思っていることでしょう。しかし、デイトレードの成功者になるのに大して勉強する必要はありません。

デイトレードで小さく負けて大きく勝つ方法はない

日々、何度も株式取引を行って利ザヤを稼ぐデイトレードでは、1日にそれほど株価が動かないので、得られる売買益は多くありません。それでも、デイトレーダーの中には1日の株式取引で大勝ちしている人が少なからずいます。 一体、どうすれば、デイトレードで大勝ちできるのでしょうか?

損失を少なくすることを重視するなら株式投資はしない方が良い

株式投資では、取得原価よりも株価が下がって損することがあります。株価は日々動いていますから、一時的に買った時よりも値下がりするのは仕方のないことです。 株で儲かるためには、利益を出すことよりも損失を少なくする方が大切だと言われます。決して間違ってはいないのですが、損失を少なくすることばかりを意識していては株式投資で儲けることはできません。

損益計算書は複数期間を比較しなければ意味がない

株式投資では、貸借対照表や損益計算書といった財務諸表を分析することは必須です。財務諸表を分析せずに株式取引をするのは、ギャンブルでしかありません。 貸借対照表でも損益計算書でも、財務諸表を分析する場合には、1期間だけを見ても意味がありません。その企業の将来性、財務の安全性などを把握するためには、過去複数期間の財務諸表を比較して、どのように財政状態や経営成績が推移しているのかを知る必要があります。

損切りばかりしてるから株式投資で利益が出ない

将来性があると思って取得した株式が、予想に反して値下がりした。 証券取引所では、毎日のように株式取引が行われていますから、株価も頻繁に上がったり下がったりします。場合によっては上昇し続けたり下落し続けたりもします。 株式投資で成功するためには、利益確定はできるだけ株価が高い時に損切りは大きく値を下げる前にするべきだと、よく言われています。特に損切りに関しては、大ケガする前にやっておかなければならないと強調されます。