2016年11月一覧

株式投資で儲ける方法を語るのは株価チャートしか見れない人ばかり

株式投資を始めようと思ったら、まず、どうすれば儲かるかを考えるはずです。そして、インターネットや書籍などを見て、株で儲ける方法を探すことでしょう。 しかし、ネット上には株式投資で儲ける方法を解説しているサイトやブログがたくさんありますが、役立ちそうな情報を見つけることはできません。

株式投資で損をするのは株価チャートを読まないからではない

株式投資で損しないために知識が必要なことは誰でもわかります。では、株式投資で必要な知識とはなんなのでしょうか? よく目にする答えは、「株価チャートを読む知識」です。過去の株価チャートの動きを分析すれば将来の株価がどのように推移するかがわかるとのことですが、果たして本当でしょうか。

デイトレードは1日単位で必ず勝者と敗者が生まれる

1日に何度も株式の売買を繰り返すデイトレードでは、1日単位で必ず勝者と敗者が出ます。 株式投資に勝者と敗者が出るのは当たり前だと思っている人は、なぜ、このような当たり前のことを述べるのか理解できないでしょう。しかし、本来株式投資は勝敗を競うものではありません。つまり、勝敗が出る取引はまちがった株式投資なのです。

資産運用は一度に複数の投資をする必要はない

資産運用について解説しているウェブサイトやブログを見ていると、個人向け国債、投資信託、株式、不動産など複数の投資対象に一度に投資すべきだと述べられていることがあります。 しかし、資産運用を思い立った時にこれだけ多くの種類の対象に投資するだけの資金を用意できる人は稀です。なので、ほとんどの人が資産運用を始める時には、順番に投資対象を決めていくことになります。

将来の不可避的な支出に充てる資金は預金で運用する

子供の高校受験や大学受験、その後の学費の支払いはほぼ確実にやってきます。このような、まだまだ先だけども将来必ずやってくる支出に備えて資産形成することは大切なことです。 今年生まれたばかりの子供だったとしても、15年後には高校受験、18年後には大学受験が待っています。まだ幼いから学費のことは、これから考えると言わず、できるだけ早期に資金を蓄えるようにしましょう。